野元 義久

HOMESpecialist野元 義久

Specialist

代表取締役

野元 義久

YOSHIHISA NOMOTO

私の仕事の哲学

「ラストワンハンド」のプライド。

社名をブリコルールと掲げてから、私はあらゆる理論や手法の使い手であることを目指して学び続けています。

組織開発のそれぞれの手法にも作用と副作用があり、どの職場にも効く万能薬はありません。それは同じ商いをしている会社は一つとしてなく、会社の中にも同じ顔の人は一人もいないからです。だから理論や施策とお客様との間に立ち、その職場の特徴を見立てて手法を駆使する最後の一手の人「ラストワンハンド」であることに誇りを持っています。

そんな私のプレイヤーとしての特徴はイタコ度が高いことです。

お客様の一人ひとりが“何を考えて何を思っているのか。何を頭の中に描いているのか”を感覚的に知ることがよくあります。もちろん正解ばかりではないのでしょうけれど、この「感覚的」を大切にしています。自分がしてきたたくさんの失敗体験も、このイタコ感覚の糧になっていると思います。人は理屈よりも先に感覚で物事を判断していると思いますし、むしろそうあって欲しいと願っています。

私は「一枚岩」ほど脆く壊れやすいものはないと思っています。

それぞれが自分の役割や天命を全うできる環境こそが組織としてあるべき姿だと思っています。

そのために、職場メンバーのみなさんが事業と理念に対して愛着を持って日々働けているか?を深く洞察します。

在りたい姿は何か、本当にそうなりたいと思っているのかまでを丁寧に受けとめないと、どんな施策を行ってもどこかでいずれ不協和音が生じることになってしまいます。

面従腹背のシラケた感じではなく、それぞれが自分の感覚も大切にして声を上げ行動し、組織としてもユニークである状態をつくりだす。それが私の求める成果であり天命だと考えています。

経歴

1988年 株式会社リクルート入社。売れる仕組みづくり事業において、新規法人の開拓/VIP顧客の深耕/新メディアの立ち上げを歴任。当時の事業部内最年少27歳で課長に昇進、50人70億の部隊を預かる。

2000年 外資系のマーケティングソフトウェアのベンチャー立ち上げに参画するが失敗。

2002年 一部上場企業のコンサルティング本部副本部長としてマーケティングコンサルティング事業の立ち上げを務める。

2003年 組織人事コンサルティングへと転身、現一部上場企業にてIPO前後のベンチャー企業へのコンサルティング事業責任者として昨対120%売上を実現。

2005年 組織人事コンサルタントとして独立。並行してベンチャー企業の社外取締役として80人30億から900人190億までの成長を支援。

2007年 営業チーム対象のコンサルティング会社を設立。1600の営業チームにおいて成功法則を探求するワークショップを行う。企業内ファシリテーター養成の実績は1.3万人を越える。

2015年 「職場を、チームにする」株式会社BRICOLEURを設立。

資格

  • グロービスGDBA1期 卒
  • ドラッカー経営塾エグゼクティブコース10期 卒
  • 青山学院大学ワークショップデザイナー19期 卒
  • 国立都城工業専門学校電気工学科 卒
  • 日本ファミリービジネスアドバイザー協会フェロー
  • 日本M&Aアドバイザー協会アドバイザー
  • システムコーチング国際コーチ連盟認定コーチ
  • DiSC認定ファシリテーター
  • ザリーダーシップサークル認定プラクティショナー
  • コアクティブコーチング応用コース修了コーチ
  • 結婚生活を成功させる7つの原則認定ファシリテーター
  • ※陰陽五行論帝王学 履修中

兼務

  • 有限会社ソラ 相談役(アクティベートアドバイザー)
  • デジタルハリウッド大学 非常勤講師
  • 日本女子経営大学院 講師
  • リファイン就労支援センター 講師

著書

結果が出ない課長のやるべき4つの仕事
結果が出ない課長のやるべき4つの仕事
(日本能率協会マネジメントセンター)

Other Specialist