• 2016.09.29

    顧問就任のお知らせ

     

    このたび、リクルートワークス研究所 Works編集長の石原直子が、BRICOLEURの顧問に就任することとなりました。

    新しいメンバーを迎え、チームとしての真価をますます発揮してお客様に貢献できるよう、引き続きメンバー一同で精進してまいります。引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

     

    ■BRICOLEUR参画にあたってNaoko Ishihara

    ” 2016年9月より株式会社BRICOLEURに、顧問として参画させていただくことになりました。BRICOLEURは「職場を、チームにする」を使命にする会社ですが、この会社の中核である、野元さん・小野寺さん・水田さんの3人が、まさに「チーム」であること。これこそがBRICOLUERの最大の魅力です。相互に信頼し合い、お互いの仕事と信条にリスペクトの念を持ち、それぞれほかの仕事も持ちながらBRICOLEURをとにかく深く愛している。長い協働によって互いに知り尽くしている安心感に支えられながらも、今もってなお、忌憚なく「熱く」なれる関係性にある3人です。

    そこに加わる身としては、一日も早くこのチームの一員になりたい、と思うと同時に、「異物」として、このチームのさらなる進化のためのきっかけとなり、触媒とならねば、とも思い、身を引き締めているところです。

    たくさんの日本の企業で、組織で、職場で、素晴らしいチームが生まれていく瞬間に、3人とともに立ち会えることを心から嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ”

     

    ■石原直子 プロフィール

    <職歴>
    株式会社富士銀行(現みずほ銀行)に入行。営業店にて中小企業の融資担当ののち、ディーリング部門にて債券等のディーリングやマーケット分析に従事。その後、人事コンサルティングのグローバルファームであるウィリアム・エム・マーサー(現マーサージャパン)に入社し、国内の大企業の人事制度改革プロジェクトの経験を重ねる。2001年にリクルートに入社し、リクルートワークス研究所勤務となる。労働市場動向の予測、人材ポートフォリオ、ミドルマネジャーの研究などを皮切りに、一貫して人材マネジメント領域を研究する。タレントマネジメント、リーダー人材の育成、女性の活躍推進、ダイバーシティマネジメント、働き方改革等を主たるテーマとして執筆、講演、講義などを多数手掛ける。2015年から研究所の機関誌である「Works」の編集長。

    <学歴>
    慶應義塾大学法学部法律学科 卒業

    <著書>
    『女性が活躍する会社』(共著、日経文庫、2014年)

  •  
2015 copyrights BRICOLEUR