case1

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

製品・保守事業推進本部 ITインフラ技術推進第1部
部長 粕谷さん 部長代行 小泉さん

▶︎ テーマ

目標管理制度の活用による社員の自発性・能動性の向上

▶︎ 施策と効果

半年をかけて部課長対象のチームコーチングを実施。自組織の思考の癖に気づき、本来のありたい姿を再設定。
部メンバー全員を対象とした組織施策に対する視界統一ワークショップを実施。組織施策の目的や意図、目指す効果に対する納得感とアクションの精度向上を実現。

▶︎ お客様の声

ワークショップの場にメンバーが能動的に参加してくれるかな?というのが大きな不安でしたが、良い意味で裏切られました(笑)。こんなにも話すんだ、という感じです。施策の企画側と実施側という対立構造にならないように、二人のファシリテーターが参加者一人ひとりの表情や言葉を丁寧に拾って頂き、プログラムの柔軟な組み直しや座席・レイアウトの最適な配置を工夫されていたのが印象的でした。特に、組織施策の目的や方法を幹部が説明する際に、円形の対話形式にやり方を変えたのは印象的でしたね。

2015 copyrights BRICOLEUR